カラコンのデメリット

眼のトラブルを引き起こしやすい

カラコンは、眼に直接装着するものなので眼のトラブルが起きやすくなります。具体的には、充血や痒み、痛みなどがあります。このようなトラブルが起きた時は、すぐに眼科医の診察を受けるようにしましょう。放っておくと、治るのに時間がかかったり、カラコン使用禁止になったりすることがあります。また、正しい使用方法を守り、眼のケアをきちんとしていてもトラブルが起きることはあります。商品側に粗悪品が混ざっている可能性はゼロではないからです。カラコンはおしゃれのアイテムとして気軽に使えて人気ですが、どこでも購入できる分、品質には自分で責任を持たなければいけません。カラコンを購入する時は、信頼できるメーカーかどうかを確認したり、眼科で購入したりするなど自分で自分の身を守る必要があります。

自分に似合うカラコンを見つけることが難しい

カラコンには様々な種類があります。大小やカラー、縁があるかないかなどで着用した時の印象は全く異なります。自分に似合わないものを着用すると、違和感がでてしまい周囲から見ても不自然な印象になってしまいます。自分に似合うカラコンを見つけるためには、実際に着用してみて印象を確認してみるしかありません。ですが、多くの量販店などではカラコンの試着ができないため、購入後に着用してみて失敗したと感じてしまう人も多いようです。カラコンを購入する時は、失敗覚悟で様々なカラコンを試してみるか、眼科など試着が可能なところで気に入ったものが見つかるまで探すことが必要になります。また、自分だけで決めると第三者から見ると不評なことも多いためできれば第三者の客観的な意見を聞きながら決めるようにすると良いでしょう。