カラコンの素材

色々ある!カラコンの素材とそれぞれの特徴

コンタクトレンズには、大きく分けて2つの種類があります。ひとつはハードコンタクトレンズです。このレンズには、シリコンやアクリル系の素材が使われることが多く、その大きな特徴としては、酸素の通しやすさを表す酸素透過性が高いことがあげられます。この酸素透過性があまり低いと、目に酸素が届かず悪影響が出る恐れがあるので、コンタクトを購入する際に確認しておきたい項目のひとつでもあります。もうひとつはソフトコンタクトレンズです。このレンズには、HEMA(ヒドロキシエチルメタクリレート)が使われることが多いです。水を多く含み、ハードコンタクトレンズに比べて柔らかいという特徴があります。この他にも様々なプラスチックを合成してコンタクトレンズはできています。それらの素材ひとつひとつにそれぞれ特徴があるので、自分の目や使用する環境に合ったカラコンを選ぶことが重要です。

自分に合ったカラコンの選び方

カラコンを選ぶうえでまず確認して欲しいのが安全性です。これはカラコンに限らずコンタクトレンズ全般に言えることですが、安全性の不確かなコンタクトレンズを使ってしまい目のトラブルを引き起こすことが多くあります。コンタクトレンズを使用する際にはきちんと眼科に相談し、安全に使用しましょう。次に、カラコンに使用されている色素についてです。カラコンの醍醐味である色素ですが、これに関しても目に合わないものを使用するとトラブルを引き起こす可能性があります。色素の素材自体が目に悪影響を及ぼさないものであるかどうかは勿論、色素が目に直接触れない等、目の健康に配慮して作られたカラコンであるかどうかもしっかり確認しておきましょう。